FC2ブログ
2021/04/22

レッスン 4/22


緊急事態宣言が近日中にでるそうで、今日は街の人出もいつもより少なかったです。

本日の一番の収穫は、ピアノの練習時間に関して先生とお話しできたこと。
モーツァルトを見ていただいて、色々細かいご注意があったのですが、今回は練習量が少なかった自覚があったので、この状態ではどのくらいの練習量が必要か伺ったところ、先生は子供の頃から、納得のいくまで練習をされるので、いつも時間が足りなくて困った。というお話しを伺いました。私は、現在は夫が家にいるので、昼間、家事が残っている時間に練習するのは憚られて、ほぼ夕食後、片付けが終わってから練習を始めます。
テクニックから初めて、満遍なく弾くことに気を取られて、納得いくまで練習をする。という方法があるということは、思いもつきませんでした。
モーツァルトのソナタは、グレード試験を受けるのでなければ、この辺で終わりにしましょうか。ということにした方が、良いでしょうがとも言われて、少し練習する時間帯と練習の仕方も変えてみようかと思いました。先生に指摘されたところ以外も自分でおかしい。と思える感覚も養わねば。とか。色々考えさせられたレッスンでした。

最近,お手本のCDを聴いて、演奏に圧倒されるだけでなく,どこを直したら近づけるかは,考えるようになってきましたが,特に”白夜”は,なかなか難しいです。今日は、(今までの癖で)左手レガートで弾くところが離れていて,ペダルを踏むタイミングがずれて濁ることが分かりました。最初のページは,ここ2回は問題なくなりましたが,まだ他のところが怪しいです。

課題曲の”舟うた”は,左手の和音の打鍵が右手の付点の和音の打鍵につられてずれるところがあるので,それを直すこと。

即興は,C-durの問題を1題。伴奏付け,第1変奏まで。C-durから転調して学んでいくそうですが、それは次回に。

2021/04/20

骨密度検査

3月から背中の痛みで整形外科にかかっていますが,今日は診察と,骨密度検査のために出かけました。

コロナで医療崩壊を起こしかけているところもあるようで,予約してあったとはいえ緊急でもない用件で受診するのもどうかしらと思いつつ、病院から延期の連絡もないので行きました。

骨密度は、4年前の検査結果と比べて,腰骨の検査部位では若干増え、左大腿骨の検査部位では,同じくらいでした。いずれも正常の範囲には入っています。コロナが始まってから,毎日のようにオンラインで運動をしていたので,自然な減少には,少しは逆らえたかなという結果です。

肝心の背中の痛みですが、深いところの凝りは残っていますが,痛み止めを飲むほどでもなくなりました。

今回は,背中の側湾が,これ以上酷くならないような方法を教えていただきたい。という目的もあったので,それについて先生に尋ねると、背筋と腹筋を鍛えること。と言われました。実際に、ベットの上で、ご指導いただいたので,しばらくそれを実行してみようと思います。

次回は6ヶ月後に骨密度の再検査を予約しました。速めに歩く散歩とともに体操を日課にしてカルシュームも充分採って半年後に備えたいです。
2021/04/15

「No Man's Land」 を見て


久しぶりに夫と車で美術館に出かけました。特に予約の必要もなく、玄関で体温チェックと連絡先を記入しました。時折人が訪れるくらいで、ゆっくり見ることが出来ました。

従来の陶芸のイメージとは,大分かけ離れていますが、魅力のある作品が多くスマホのカメラに収めるのに時間がかかりました。作者の感性の違いで,物事のとらえ方,表現方法がここまで違うのかと驚かされました。

陶芸17

陶芸1

陶芸8


陶芸2

陶芸4

陶芸3

陶芸6

陶芸5

陶芸13

陶芸7

美術館のホームページには,詳しい説明とプロの撮った素敵な写真も載っています。良かったらご覧下さい。
2021/04/12

母への電話

昨年3月に脳梗塞を起こして2週間入院した母は,幸いなことに後遺症もなく過ごしています。
コロナ感染拡大中の今でも,ショートスティ(数日施設に泊まるサービス)は,止めましたが、通所リハビリ(数人の方と体を動かしたり,ゲームをして5時間ほど過ごすプログラム)に週2回行っています。

自分でご飯も食べて、歩けるので幸せですが,認知症も進んだようで,最近昼夜逆転気味になり困っています。
特に夜間になると,外に出たくなるようで、弟も次の日の仕事もあり散歩について行ける日ばかりではありません。
一人で出かけて、近所の方に付き添われて帰ってくる日もあります。

私の友人で,遠方に離れて暮らすお母さんに,毎晩1時間電話を掛けて話を聞いてあげる人がいます。
義母が存命中,義父が亡くなってからは,義母からのリクエストで毎日電話をしていました。
そんなことを思い出して、しばらく散歩に出たくなる夜,母に電話をしてみようかと考えています。

母も私もワクチンを打つことが出来たら,会いに行こうと思っています。それまで元気でいて欲しいです。
2021/04/08

レッスン 4/8

気持ちばかり焦って、体が固まったみたいになっていたので、いつものようにレッスンに出かける前に弾く練習とともに、ヨガマットを敷いて軽く体をほぐしました。一応、肩や背中はスッキリした状態でレッスンに向かいました。

レッスン前に先生に前回お話しした体の痛みについて経過をお話ししました。脂肪太りを解消したくて、筋力アップのために色々運動していたこと。しかし少し頻度が多すぎて筋肉に疲労が溜まってしまったと推測してること。今は、筋力アップのための運動とほぐす運動をバランスを取りながらしているので,ひどい痛みは治まっていること。そして、ピアノを弾くには、気持ちも体も充分リラックスしたほうが良いことが、分かったことなど。先生もご自分の経験を色々お話ししてくださいました。人間は,加齢と共に否応なく衰えてくるので,そのことを受け入れ、上手に体と付きあう必要があると強く思いました。

この話しで時間をとってしまったので、聴音は、無しにしていただきました。

“白夜”は、リラックスして弾けたので、冒頭のアルペジオも上手く弾けました。ペダルが濁るところがあって、もう一度弾き直したら、上手くいきました。
今日のところでは、試験に受かるレベルに達したようで、ほっとしました。
しかし、次回も見ていただくとのこと。まだ深める余地は、あるということ。

モーツァルトのハ短調ソナタは、装飾音符で飾りの部分は鍵盤を浅めに弾くこと。などいくつかのご注意があったので直すこと。

課題曲”舟うた”は、右手、付点付き和音の連打の弾き方とそれに合わせた左手の弾き方。アルペジオの部分は、とても綺麗に弾けていると言われて嬉しかったです。

即興の問題を一題。4級で使われる和音の説明などで時間が来ました。

“白夜”が一区切りついて嬉しいですが、出来てみるとそれほど難しくはないのに、なぜ時間がかかるか。自分でも不思議です。